2017年12月30日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第5回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第5回を紹介します。

「A列車で行こう9」は、鉄道会社経営のゲームですが、どうすれば黒字にできるのでしょうか?
まずは、赤字の路線や子会社を見直すところです。

列車の長さを短編成にする
街が発展していないのに長編成で運行しても意味がありません。赤字を重ねていくだけです。

田舎駅停車.jpg


運行時刻をきちんと設定する
日中は乗客がある程度いるのですが、深夜は乗客がほとんどいません。6時から22時まで運行といった設定をしましょう。過疎な路線なら7時から21時とかでも構いません。

黒字転換の見込めない子会社は売却
子会社の立地条件にもよりますが、基本的に周辺に建物が少ないと赤字、多いと黒字だと思えばいいです。あと、固定資産税がかかってくるので、長期間の赤字であってはいけません。利益率は最低15%を目安にするといいでしょう。

街の発展.jpg


開発の方に移ります。
古宿線の延伸と新規路線「寝馬線」の開業です。
古宿線は、終端駅の角田から南西に伸ばして、以下の通り駅を設けました。
寝馬線は、寝馬から九王子まで、以下の通り駅を設けました。

古宿線:古宿、角田、武中、四鷹、大金井、村田、九王子
寝馬線:寝馬、手立、勝鹿、武差野、赤梅、明島、九王子

元となった駅名

武中:府中
四鷹:三鷹
大金井:小金井
村田:町田
九王子:八王子
手立:足立
勝鹿:葛飾
武差野:武蔵野
赤梅:青梅
明島:昭島

今度は東京都の市の名前も出てます。

第5回路線図.jpg


古宿線には、特急列車を運行します。九王子から船戸までの所要時間が短縮されるということですね。

古宿線の使用車両は、普通が引き続き201系(バーミリオンオレンジ)、特急がE257系です。
一方、寝馬線の使用車両は、普通の205系(スカイブルー)のみで、暫定4両編成です。

第5回鉄道車両.jpg


古宿線の停車駅は、普通は全部の駅で、特急は途中、古宿の停車です。(九王子と船戸が終端)
古宿線が全線開通したら、快速列車も走らせます。

第5回古宿線停車駅.jpg


古宿線の時刻表もきちんと作成しました。
普通は古宿を境に運転系統が分かれています。
ダイヤの作成やゲーム上での設定は、本当に時間がかかります。この作業だけで半日くらいかかってしまいそうです。特に長大路線は駅数や列車が多い分大変です。

中尾線も普通列車を増発させ、また各列車の速度を変更しました。Version4.0でできるようになった機能です。普通は通常の70km/hから90km/hに、快速は105km/hから100km/hに、特急は125km/hから130km/hにそれぞれ設定しました。

中尾線の快速と古宿線の特急の前面展望をお届けします。快速や特急は通過駅があるので早い。特に特急列車の速いスピードや時間の早さには感動します。
最後に寝馬線の普通列車の前面展望で終わります。

第5回前面展望.jpg


動画を貼りつけましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2017年12月29日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第4回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第4回を紹介します。

「A列車で行こう9 Version4.0 マスターズ」をプレーしてみての感想は、リアルな街並みや鉄道路線が作れることです。パンタグラフの実装や速度の上げ下げもできて、さまざまなカスタム車両が作れてしまいます。
ゲームモードでプレーすると資金が常に変動します。鉄道や子会社などを黒字にすることはもちろん、用地の費用や税金対策なども考えないといけないので、結構スリリングなゲームです。
マップコンストラクションモードなら、資金の制約なしで自分がやりたい放題いろんなことができます。地形を自由自在に変化させたりいきなりプロジェクトの建設をしたり大きな利益の出る街にしたり長大な鉄道路線を建設したりなどと、やれることはいくらでもあります。

パンタグラフ.jpg


さて、今回は中尾線の全線開通です。特急列車や快速列車も走らせます。
終端駅の工東から南東に線路を伸ばして、以下の駅を設けました。

中尾線の駅:古宿、工東、志田、渋山、目戸川、北橋、寝馬

元となった駅名

志田:北
渋山:渋谷
目戸川:江戸川
北橋:板橋
寝馬:練馬

どこの名前かバレバレですね。

第4回路線図.jpg


寝馬、古宿、富島には車庫があります。
中尾線の駅数は11駅になりました。
使用車両は、普通列車が201系(スカイブルー)、快速列車はE231系(湘南色)、特急列車はE259系です。いずれもJR東日本の車両です。
E259系は、空港特急にぴったりですね。実際に成田空港のアクセス特急として走っているのですから。

第4回鉄道車両.jpg


またも高速バス1系統追加。古02系統の古宿駅前から小田空港までノンストップです。
鉄道とバスの競合路線ができますね。

第4回バス路線図.jpg


中尾線の停車駅は、普通は全部の駅、快速は途中、渋山、古宿、皆川、特急は途中、古宿です。(寝馬と小田空港が終端駅)

第4回中尾線停車駅.jpg


中尾線のダイヤは、普通が古宿を境に系統分離しています。快速と特急は全線にわたっての運転です。
ダイヤ作成は本当に大変な作業でした。ゲーム上での設定もしないといけないし、試行錯誤もしなければいけなかったので、本当に疲れます。ダイヤそのものの作成にはOuDiaというソフトを使いました。
特急のダイヤを先に決めて、次に快速、最後に普通を決めるというものです。始発駅や待避が可能な駅、運転間隔も考慮して時刻を調整します。

古宿駅前から小田空港までの高速バスは、東京駅から羽田空港までの高速バスのような路線です。高速道路のところだけ早回ししたかったけど、列車など他の動きがあまりにも不自然になるので早回しはしてません。

第4回バス前面展望.jpg


中尾線の普通列車は、小田空港から古宿まで、古宿から寝馬までと系統分離しています。普通も1本で全線走破させたかったけれど、ダイヤが作りにくかったです。

第4回前面展望.jpg


動画を貼りつけましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2017年12月25日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第3回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第3回を紹介します。

「A列車で行こう9」の発売日は2010年2月11日で、もうすぐ8年になります。鉄道路線を引いて列車を走らせたり、列車のダイヤを組んだり、街を発展させたり、マップコンストラクションで資金を気にすることなくリアルな街を制作したりなど、ユーザーによって遊び方はいろいろあるかと思います。
プロフェッショナルは2012年12月7日、プレミアムは2014年6月27日、そしてマスターズは2015年6月19日にそれぞれ発売されました。

ターミナル駅.jpg


マスターズまでくると、かなり思い通りのゲームになってくるかと思いますが、「まだここが足りない」と思っていらっしゃる方もいるでしょう。
例を上げると、片側2車線の道路、時間軸15倍速や6倍速、高速道路、インターチェンジ、新幹線の駅、ゴルフ練習場や墓地などの建物です。(他にもある場合はコメントお願いします)

新幹線の駅.jpg


開発動画に移りますが、資金に余裕ができたので、空港に続いて新幹線も開通させました。駅の設置条件にもよりますが、新幹線が開通するまで何ヶ月かかかります。マップの端に駅を置くと竣工まで長いです。マップの中央ならマップの両端から工事が進むので、そちらが良いです。新幹線を開通させると、プレイヤーが自ら新幹線の車両も購入できるようになります。

新幹線開通.jpg


今回は、中尾線の延伸と地下鉄の開業です。
中尾線は、小田空港まで伸ばしました。地下鉄は名前を地下鉄三代田線にして、三代田から皆川までつなぎました。

中尾線の駅:工東、古宿、中尾、皆川、富島、小田空港
地下鉄三代田線の駅:三代田、細川、皆川

元となった駅名

皆川:品川
富島:豊島
細川:荒川

いずれも東京23区の名前です。

第3回路線図.jpg


また、高速バスを1系統開設しました。
古01系統の古宿駅前から船戸駅前のノンストップ路線です。古宿線よりは遅いですが、高速道路を通る前面展望の風景を楽しめちゃいます。

第3回バス路線図.jpg


空港の利益維持のため、中尾線の車両は4両に短くしました。街の状況にもよりますが、これより長いと空港の利益を減らしてしまいます。
実際、空港の客を列車が奪ったということか、空港の利益が減ったということがありました。列車に乗せる客を減らせば飛行機に客が行くということです。
資金に余裕ができれば、再び増結するということです。

一方、地下鉄三代田線の車両は、名古屋市営地下鉄の7000形を使用します。

第3回地下鉄車両.jpg


高速バスの前面展望のところで、高速道路標識は自分で制作しました。(都合によりインターチェンジの番号は付けていません)

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2017年12月24日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第2回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第2回を紹介します。

初期の「A列車で行こう9」は意外にやりにくかったです。まだ本格的なダイヤ設定も実装されていなかったし、建物の種類も少なかったです。バグもいくつかありました。
バージョンがBuild 096になると、時間軸が標準の450倍速に加え、120倍速、60倍速、30倍速が追加されました。これにより、鉄道ファン念願のリアルなダイヤで運行できるようになりました。
バージョンBuild 128では個別発車も追加されて、初期の「A列車で行こう9」としては機能はそこそこでした。
その後、建物キット、Version2.0 プロフェッショナルが登場すると、ゲームの中身も大分豊富になってきました。架線柱、1:1モード、臨時ダイヤでの運行や何種類かの建物などが追加されました。
Version3.0 プレミアムが出ると、ポイント線路、橋上駅、ターミナル駅、何種類かの建物などが追加されました。パンタグラフの実装でカスタム列車の作成もできます。
そして、Version4.0 マスターズでは、信号機や道路標識、時間軸に3倍速が追加、運転モード、あとカスタム列車で運行速度を上げ下げできるなど、ゲームの機能もさらに豊富になりました。

信号機と標識.jpg


開発の方になりますが、なんと、今回は早々に空港を建設しちゃいました。空港周辺に建物がある程度あれば大きな利益を上げてくれます。(空港の近くに高層ビルなどがあることは現実的ではないですが)
空港への交通を整備するため、船戸からアクセス路線を作りました。船戸線と名付けて、瀬田谷、永野、桧並、小田空港と駅を設けました。
あと、船戸駅前から小田空港までの高速バスも追加しました。(A列車で行こう9だと高速バスじゃなくて急行バスみたいなものですが)船01系統で、ノンストップです。

第2回路線図.jpg


第2回バス路線図.jpg


元となった駅名

船戸:港
瀬田谷:世田谷
永野:中野
桧並:杉並
小田(空港):大田

どれも東京23区の名前です。

船戸線の車両は、205系(ウグイス色)で、暫定的に普通列車での運行です。将来的には、特急や快速も運転します。

第2回鉄道車両.jpg


高速バスは高速道路を通るため、もちろん中長距離用ハイデッカーバスです。

第2回バス車両.jpg


高速道路は、高架道路や地下道路、信号機の付かない斜めの交差点で代用しています。インターチェンジは、立体交差や斜めの交差点を使用しています。ジャンクションは、単純に斜めの交差点です。
A列車で行こう9では、高速道路に車が走ってきても一般道と変わらない速度です。まあ、ここは妥協します。

第2回前面展望.jpg


船戸駅前から小田空港までの前面展望の動画の後、船戸線と古宿線の前面展望を紹介して終わりです。

動画を貼りましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2017年12月23日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第1回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
今回は、自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第1回を紹介します。

動画を制作して公開してから2年半くらい前になるのですが、1本の動画を制作するのが本当に大変でした。マップコンストラクションで制作した街並みの画像、路線図やダイヤの作成、発展の様子の画像、列車の前面展望などの動画撮影、そして動画編集など、やることは多かったです。特にダイヤの作成や動画編集は本当に時間がかかりました。

A-Train9タイトル.jpg


「A列車で行こう9」というゲームは、鉄道会社の経営ゲームですが、鉄道路線やバス路線を引き資材を調達して街を発展させていくというゲームです。鉄道やバスの運賃、電力会社や子会社などの利益で資金を調達して街を大きくしていきます。最終的にはマップの隅々まで開発して資金10兆円を目指します。
2017年現在では、Version4.0 マスターズ(PC版)まで発売されていますが、自分がアップした動画ではこのバージョンを使っています。なお、東海パックは未導入です。
最近ではプレイステーション4版の「A列車で行こうExp.」が発売されたばかりで「A列車で行こう9+α」のようなゲームですが、そのゲームをする予定はありません。

第1回発展.jpg


第1回は、路線は2路線です。古宿線と中尾線です。マップの東側に古宿駅を中心に発展した状態での開始ですが、古宿線を北東に向けて路線を延伸しました。

古宿線の駅は、角田、古宿、代東、根黒、文郷、船戸です。
中尾線の駅は、中尾、古宿、工東です。

第1回路線図.jpg


中尾線も延伸したかったのですが、開発を急ぐと資金がすぐに尽きてしまうので、十分な資金を作ることがまず先です。
古宿線の車両は201系(バーミリオンオレンジ)で、中尾線の車両は201系(スカイブルー)です。いずれも古い型の通勤列車です。

第1回鉄道車両.jpg


まだ序盤なので短い路線しか作れなかったですが、もちろん資材も必要です。
古宿線沿いにトラックで資材を調達しました。
資材置き場は地下に設置してあります。地上に設置すると、街を開発する場所がなくなってしまいますからね。
1年間開発後に、2路線の列車の前面展望をお届けします。

第1回前面展望.jpg


画像編集ソフトやゲームキャプチャーソフトが初期のものなので、文字の縁取りが多少弱かったり前面展望のところが多少カクカクするように見えますがご了承ください。

元となった駅名をここで明かしちゃいます。

古宿:新宿
中尾:中央
工東:江東
角田:墨田
代東:台東
三代田:千代田
根黒:目黒
文郷:文京
船戸:港

どれも東京23区の名前が元です。

第2回以降も元となった駅名を明かしていきます。
動画を貼りましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9