2018年04月08日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第25回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第25回を紹介します。

いよいよ最終回がやってまいりました。やることはいろいろあって本当に長かったです。「A列車で行こう9」というゲームは鉄道、バス、資材、電力、子会社などで儲けて資金10兆円を目指していきますが、資金10兆円になるところまではやりませんでした。資金が10兆円になるとスタッフロールが流れます。この動画でもやりたかったですが、時間的にもつらいのでやめました。
この開発でも他にやりたかったことは、発展があまりしていない地域の再開発、新幹線の建設、速度制限の設置、大幅なダイヤ改正などです。ゲームモードでは資金を気にしないといけないのでなかなか進まないかもしれません。
なお、マップコンストラクションモードでは資金の制約なしで思い通りの街や鉄道路線などが制作できるところです。ゲームモードでは自分で建設できない住宅や雑居ビル、田畑なども建設できます。田舎の風景やリゾート地なども自由気ままに再現できます。高額な施設や資材が多く必要な建物もどんどん建てられます。
「A列車で行こう9」というゲームをやってきて、序盤は資金が少なめなので、延伸できる路線や建設できる子会社なども限られてきます。資金をどんどん使うと赤字になりやすいですからね。さらには法人税や資産税といった税金もかかるので、使い過ぎない範囲でなるべく抑えて黒字経営ができるようにすることです。税金の差し引きを入れて黒字経営であり年月が経てば1000億円、5000億円、1兆円と規模は大きくなってきて、最終的には10兆円を達成できるでしょう。


開発完了後の列車の前面展望の7つめ(最終回)は近崎線と熱川線を紹介します。
近崎線の前面展望はキハ150形の列車です。大田原から立浜までです。長めの非電化路線ではありますが、すれ違い可能な駅では列車交換のシーンが見られます。単線は信号場でもすれ違いが可能ですが、これは乗客がほとんどいないところで使います。
熱川線の前面展望はキハ120形(関西本線塗装)の列車です。武差野から国文寺までです。短めの非電化路線です。列車交換は1ヶ所だけです。できれば田舎の風景でこういうローカル線を作りたかったですが、乗客が少なくなってしまうため、ある程度建物もつけました。信号機も減速、注意の表示をして本物の鉄道みたいに仕上げました。
これで全25回が終わりました。200編成まで保有できる鉄道車両や自動車、カスタム車両で速度が変えられるところ、新たに収録された建物など、こだわりの風景が作れる「A列車で行こう9 Ver4.0」で開発をしてきました。時間があればまたプレーと動画制作をするかもしれません。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。(画像は後日掲載)


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2018年04月01日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第24回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第24回を紹介します。

「A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発」の動画紹介も残り2回となりました。全25回作るのに苦労は多かったです。街の設計、線路や道路の敷設、駅の設置、資材工場や資材置き場の設置、配送所の設置、列車の選定、街の発展、ダイヤ作成やダイヤ設定などといった作業だけでもかなり時間がかかりました。さらには動画の作成にシーンの選択や字幕の挿入、ナレーターなどを入れるのにも大変な苦労をしました。
こんなに苦労はしましたが、いい動画が作れたと思います。路線の建設や延伸のところ、プロジェクトの建設のところ、路線図や停車駅に時刻表のところ、開発した後の前面展望などといった動画をうまくできました。
「A列車で行こう9 Ver4.0」では、速度制限も設けることができたのですが、速度を遅くしてしまうと列車のダイヤにも影響が出るので、この動画ではやらないことになりました。ポイントやカーブなどに設置して本物の鉄道みたいにやりたかったです。信号機や標識についてはダイヤへの影響はないので、本物らしく設置しました。地下やトンネルに設置できないのが残念ではありますが、なるべく鉄道の風景にこだわってやりました。
カスタム車両では、速度を変えたりパンタグラフを付けたりなど施しました。速い速度にしないとダイヤに影響する路線もあるので、変な車両とかにならない範囲でカスタマイズしました。やはり電車には外観にこだわりパンタグラフを付けて運行するといいです。


開発完了後の列車の前面展望の6つめ(第24回)は皆川線と四鷹線を紹介します。
皆川線の前面展望はキハE130形の列車です。九王子から皆川までです。非電化路線は地方部のローカル線に多い路線です。架線や架線柱、変電所などの設備が不要でコストが安いです。乗客の少ない路線で使われています。ワンマン運転のところが多いです。
四鷹線の前面展望はキハ110系200番代の列車です。武差野から国文寺までです。ローカル線なら田舎駅も似合います。非電化路線なら架線柱を付ける必要はないので、線路だけのすっきりした姿になります。信号機や標識はちゃんと設置してあります。
非電化路線は、普通列車の他に特急や快速が走っているところもあります。優等列車を走らせるにはすれ違い可能な駅を多く設ける必要が出てきます。「A列車で行こう9」では本物ほどの長い路線はなかなか作れないですが、ほどほどの長めの路線なら作れそうです。単線だと列車の本数は増やせないですが、すれ違い可能な駅を多くすればダイヤは意外と作成しやすいと思います。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。(画像は後日掲載)


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2018年03月30日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第23回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第23回を紹介します。

「A列車で行こう9」のゲームでやれることはいろいろあります。
まずは実際の駅の配線の再現。列車のすれ違いや待避程度の小さな駅は多く見られますが、乗り入れや車庫への配線は交差支障があったりするので、可能であれば立体交差も考えるべきです。中央線を例に挙げれば、車庫への配線は豊田駅、武蔵小金井駅があります。こういうのは「A列車で行こう9」で再現できます。車庫の本数までも完全には難しいですが、やってみると面白いです。

複線待避駅.jpg


新宿駅や立川駅などの大きな駅になると配線の再現は大変ですが、電車に乗って横からの展望などで調べてみるといいかもしれません。大きな駅の配線の再現は鉄道マニアならやりそうです。
次に、大きな駅の周辺の街の再現。例えば新宿駅なら高層ビルや歓楽街、商業施設などをある程度「A列車で行こう9」で再現できそうです。建物の外観は違いますが、こういうゲームが好きな人ならやってみたくなるでしょう。東京駅っぽい建物もあったり東京タワーのような建物もあるので、何か山手線周辺の街並みの再現までやれてしまえそうです。手間はかかりそうですが。

街の発展.jpg


最後にカスタム車両での混結。色違いの型の車両をつないで、実際には無いカラフルな車両がカスタムでできてしまいます。あと、行き先違いのように列車の前後で色の違う車両、東北新幹線と秋田新幹線のように異なる型の車両など、カスタム車両ではこんなにいろいろ混合できます。工夫次第では実際とは違う変な車両まで作れます。

JR東日本車両.jpg


開発完了後の列車の前面展望の5つめ(第23回)は渋山市電と金倉市電を紹介します。
渋山市電の前面展望は東急世田谷線の300系の列車です。九王子から渋山までです。本来の路面電車は横に道路がある区間がありますが、踏切などの関係で作るのは難しくてやめました。それでも、バスよりも多くの乗客を乗せられるし街のアクセントにもなります。駅はもちろん電停を使っています。単線で駅でのすれ違うシーンは魅力的です。

第23回前面展望1.jpg


金倉市電の前面展望は広島電鉄の5100形の列車です。金倉から武差村山までです。複線の路面電車も実際にあります。複線なら単線と違ってすれ違い場所を考えなくていいです。道路が横に無くてものんびりと前面展望を楽しむのもいいです。

第23回前面展望2.jpg


路面電車は道路と組み合わせるとそれらしくなりますが、「A列車で行こう9」では踏切で線路を横切るとなると見栄えが悪くなります。線路を横切るなら高架道路や地下道路が必要になります。路面電車は長い列車と違って折り返す時間は短くて済むので、金倉市電のように終着駅の部分だけ1線にする方法もありです。ダイヤ設定さえ合っていれば列車が衝突する可能性はほとんど無いです。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2018年03月28日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第22回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第22回を紹介します。

これを入れて、残すところあと4回となりました。街の設計や街の開発、ダイヤ作成やダイヤ設定などとやったことは多かったですが、大変な苦労をしていい動画を制作できました。
プロジェクトである国際空港、ゴルフ場、新幹線、リニア、鉄道博物館2つが全部建設できました。多額の資金が必要ではありましたが、大きな利益が出せる国際空港を早期に建設できたので、順調に開発も進められました。

ゴルフ場オープン.jpg


街の開発には乗降客、資材、電力といった要素が必要ですが、開発したい地域に資材がうまく渡るように工夫しました。資材は貨物列車やトラックで輸送しますが、大半はトラックでの輸送でした。貨物列車では行き渡らない地域もいくつかありました。乗客については街が小さいうちは列車の本数を少なくしたり短編成で運行したりと経費をかけないようにしました。街が大きくなってから列車の本数を増やしました。乗客の重要に合わせて列車を調整することが重要ですからね。

中長距離用トレーラー.jpg


前面展望は、列車が多くなればなるほど本物に近い風景になりました。普通列車、快速列車、特急列車といろいろ走らせて本物のような風景に仕立てました。もちろん単線では列車のすれ違い、複線では特急列車の追い越しもあります。
ダイヤ作成においては、列車が衝突しないように時刻を工夫しました。単線はすれ違いが可能な駅、複線は終着駅や車庫までの交差部分、待避可能駅などを考慮していきました。快速列車や特急列車は駅に停車しないところがあるため、普通列車に衝突しないようにしないといけませんね。

ポイント交差.jpg


開発完了後の列車の前面展望の4つめ(第22回)は地下鉄三代田線と地下鉄薄木線を紹介します。
地下鉄三代田線の前面展望は名古屋市営地下鉄の7000形の列車です。三代田から寝馬までです。地下鉄は快速や特急が無いので尺が長いです。トンネルの中を通っているように見えて前面展望も退屈に思えます。ただし、地上に建物が多ければ利益が期待できます。

第22回前面展望1.jpg


地下鉄薄木線の前面展望は東京メトロの10000系の列車です。平月から薄木までです。地下鉄三代田線に比べれば駅の数は少ないです。全区間が地下というのは珍しいことです。実際は地下鉄でも地上に車庫があります。ゲームでも地上に車庫を作りたかったですが、いい場所に用地が取れなくてできませんでした。

第22回前面展望2.jpg


地下鉄は周りの景色が見えなくて前面展望が退屈になるかと思いますが、地上に建物が多いところでは乗客も多くなります。鉄道の全部が地下鉄だと現実感に欠けますが、あそこからここまでの利便性を向上させるにはいいかと思います。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9

2018年03月08日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第21回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第21回を紹介します。

街の発展において、鉄道だけではなくバスやトラックも必要です。バスは、乗客が鉄道より少ない地域、乗客は多いが鉄道路線を引く余地がない場合などに走らせます。トラックは、資材の需要が小さい地域、貨物列車で資材を降ろせない駅などに持ってくる場合に走らせます。
バスの停車できる施設はバス停やバスターミナル、トラックで資材が積み降ろしができる施設は配送所と配送センターです。それぞれの施設が必要となります。
バス路線といえば、一般的な路線の乗り合いバスとか一本で遠い目的地まで行ける高速バスとかゴルフ場や墓地などの施設に向かうための送迎バスなどがあります。鉄道路線では乗客が少ないので、道路を使ったバス路線の方が効率がいいです。

バス停.jpg
バス停


トラックといえば、資材を運んだり宅配便を運んだり大きな荷物を運んだりするものです。「A列車で行こう9」では資材を運びますが、一度に運べる資材は2個までです。資材の消費が少なめで道路で効率よく資材を運びたいならトラックの方がいいです。

配送所.jpg
配送所


コミュニティーバスはゴルフ場や墓地などの施設に向かうための送迎バスまたは乗客が少ないバス路線、ノンステップバスは乗客の多いバス路線、中長距離用ハイデッカーバスは高速バスや貸切バスなどに使われています。

コミュニティーバス.jpg
コミュニティーバス


ノンステップバス.jpg
ノンステップバス


ハイデッカーバス.jpg
ハイデッカーバス


コンテナ用トラックは資材1個積載できる小型のトラックです。ボンネット型トレーラーは資材を2個積載できる近距離型のトラックです。中長距離用トレーラーは資材を2個積載できる中長距離型のトラックです。
道路を走るバスとトラックは、鉄道では届かない地域へ街を発展させる手段です。これらをうまく使って効率のよい輸送をすることです。

コンテナ用トラック.jpg
コンテナ用トラック


ボンネット型トレーラー.jpg
ボンネット型トレーラー


中長距離用トレーラー.jpg
中長距離用トレーラー


開発完了後の列車の前面展望の3つめ(第21回)は立浜線と若崎線を紹介します。

立浜線の前面展望はE653系の特急列車です。立浜から太刀川までです。こちらも快速列車と普通列車も一緒に走っています。船戸線くらいの距離の路線です。特急列車の早さは普通列車の早さと比べても結構違います。途中駅を早々と通過していきます。

第21回前面展望1.jpg


若崎線の前面展望は西武鉄道の30000系の快速列車です。太刀川から小田空港までです。若崎線は特急列車の運行がありませんので、快速列車で前面展望を映しています。停車駅はありますが、もちろん普通列車よりは早いです。普通列車の待避設備は若崎駅のみです。特急列車まで走らせると待避設備を増やさないといけないですからね。

第21回前面展望2.jpg


特急列車が普通列車を追い越していく姿は、実際の鉄道にも多くあります。特急列車は走らせる優先順位が上ですので、少しでも早くなければ特急の意味がありません。あと快速列車の優先順位は路線にもよりますが特急列車の次です。たいていは少しでも早く目的地に着くようになっいます。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9