2018年02月09日

ワイヤレスピンマイクのいろいろな知識

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
この前、自分はaudio-technica ワイヤレスピンマイク SYSTEM10 ATW-1701/L(以下SYSTEM10)を買いまして実際に使ってみましたが、結構良かったてす。
今回は、ワイヤレスピンマイクのいろいろな知識について述べていきます。

ワイヤレスピンマイクといえば、テレビのアナウンサーや番組の出演者たちなどが使っている機器。
送信機はベルト、ポケット、スカートのふちなどに装着して使用します。
受信機はビデオカメラや一眼レフカメラ(いずれもマイク端子が付いているもの)などに接続します。

ピンマイクの送信機装着.JPG


実は、ワイヤレスピンマイクが有能でいろんなことに使えます。
ビデオカメラでの収録はもちろんのことですが、スピーカーやアンプに接続すると拡声器としても使えるのです。会議や実演、セミナーなどで使えるということです。
あと、声以外のいろんな音の収録。例えばゴルフでショットの音やカップインする音、駅の発車メロディー、楽器の音源などに使えるのです。こういう音はワイヤレスではなく高性能の他のマイクで収録することもありますけどね。

SYSTEM10は最大8波まで使うことができますが、SYSTEM10を8波で使うことは稀だと思います。4波ぐらいなら業務用のピンマイクとほとんど同じですが、5波以上になれば大抵の場合、業務用のピンマイクを使うでしょう。
1波ならマイクのミキサーは不要ですが、2波以上になるとマイクのミキサーが必要になってきます。特に5波以上は必要な機材が多くなるので、出演者たちだけではうまくいかないので、撮影スタッフの協力も必要です。
なお、送信機と受信機は同時使用に対して1対1となります。2機の送信機で同時に1つの受信機には音声をミックスできないので注意。

SYSTEM10スピーカー接続.JPG


SYSTEM10の価格は5万円近くしましたが、他の機種はどうでしょうか?
まずはSONYのUWP-D11。価格は6万円余り。電波の規格はB帯を使っています。送信機と受信機は乾電池でも動作します。電池を充電しなくてもすぐに使えます。同時に使用できるチャンネル数は7波です。動画で実際の音声を聞いてみましたが、SYSTEM10のように結構良さそうです。
次はRODEのFilmmaker Kit ワイヤレスマイクキット RODELINKFM。SYSTEM10とよく似ていますが、外観は結構な違いがあります。最大同時使用波数はよくわかりませんが、動画で聞いた音は、SYSTEM10とほとんど同じです。
価格は桁違いになりますが、最後にSONYのDWT-B01N/B(送信機)。この1機だけで35万円もします。一方、SONYのDWR-P01DN/B(受信機)は55万円もします。業務用とあって前途の3機種とは完全に別物です。高性能ですからね。

ピンマイクの装着.JPG


周りが騒がしいところでもちょっと離れたところでも音声をうまく拾うことができるワイヤレスピンマイク。機種にもよりますが、クオリティーの高い動画制作には欠かせないものです。

audio-technica オーディオテクニカ ラベリアマイクロホンカメラマウントシステム ATW-1701/L

新品価格
¥45,360から
(2018/1/23 19:28時点)



ソニー ワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11

新品価格
¥60,280から
(2018/1/28 07:09時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | 日記

2017年12月22日

audio-technica ワイヤレスピンマイク SYSTEM10 ATW-1701/L を実際に使ってみて

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
前回紹介したaudio-technica ワイヤレスピンマイク SYSTEM10 ATW-1701/L(以下SYSTEM10)を使ってみた感想を書きます。

ワイヤレスピンマイクというと、テレビのアナウンサーや番組の出演者たちしか使わないというイメージがあるかと思いますが、実際そうではありません。仕様に合う機材を買えば一般人にも使えてしまいます。
SYSTEM10のように5万円くらいのもので大丈夫です。業務用といった価格が高すぎる機種まで必要はありません。

SYSTEM10パッケージ.JPG


受信機(レシーバー)は、ビデオカメラや一眼レフカメラに取り付けたりとか、長めのオーディオケーブルを使ってカメラから離して設置するとかできます。
MONITOR端子から音をモニタリングすることもできるので、きちんと音声が入っているかどうかチェックすることもできます。
ビデオカメラや一眼レフカメラにマイク端子が付いている機種でないとワイヤレスピンマイクは当然使えません。安くないものなので、ちゃんとチェックしないと後で後悔します。
自分が選んだビデオカメラは、SONYのHDR-CX680です。5万円弱で買えました。マイク端子が付いていて、なおかつ動画撮影に必要最低限の機能が付いていたので、それが決め手になりました。

ピンマイクとビデオカメラ.JPG


送信機(トランスミッター)は、ベルトやスカートなどに装着しますね。ポケットの中に入れている人もいますよ。
出演者たちが装着している送信機が見えたり映ったりするのは仕方ないけれど、あえて映したりするなんてことも。

ピンマイクの送信機装着.JPG


送信機と受信機は1対1での使用になるので、例えば2人の出演者が同時に使用する場合は、SYSTEM10もう1セットとマイクのミキサーが必要です。受信機1つで同時に送信機2つの音声をミックスすることはできないのでご注意を。

SYSTEM10受信機.JPG


ピンマイクの装着は、テレビ番組のロケのようにスタッフの人にやってもらうかと思いますが、実際に自分自身で装着することもできます。それも見栄え良く。
ピンマイクの装着位置、送信機の装着位置を基準にすると配線しやすくなります。コードは上着と下着の間に通します。長さの余った部分は丸めて腰の後ろなどに入れておきましょう。肌に直接触れるような配線はしないように。

ピンマイクの装着.JPG


SYSTEM10の音の方ですが、なかなか良いです。音の遅延もほとんどありません。業務用のと遜色ないです。
普段の音声の収録はカメラ内蔵のマイクが多いかと思いますが、これだと出演者の声が十分に届かないことが多いです。ワイヤレスピンマイクなら周りが騒がしいところでもちょっと離れたところでも出演者の声がきちんと入ります。

SYSTEM10送信機とマイク.JPG


実際の音声は、後日動画をアップする予定ですので、お楽しみに。

audio-technica オーディオテクニカ ラベリアマイクロホンカメラマウントシステム ATW-1701/L

新品価格
¥45,360から
(2018/1/23 19:28時点)



ソニー ワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11

新品価格
¥60,280から
(2018/1/28 07:09時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | 日記

2017年12月21日

audio-technica ワイヤレスピンマイク SYSTEM10 ATW-1701/L の紹介

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
今回は、audio-technica ワイヤレスピンマイク SYSTEM10 ATW-1701/L(以下SYSTEM10)の紹介をします。

SYSTEM10と風防.JPG


ワイヤレスピンマイクといえば、テレビのアナウンサーや番組の出演者たちなどがつけているものですね。こういう種類のピンマイクです。
ワイヤレスピンマイクにも使用する電波の種類があって、A帯、B帯、デジタル2.4GHzなどがあります。A帯は免許が必要な種類で、扱うのが難しいし面倒です。それに対しB帯やデジタル2.4GHzは免許が不要で誰にでも簡単に扱えます。SYSTEM10はデジタル2.4GHzなので、混信が起きる可能性は低いです。
自分は、この機種を実際に使用している動画を見て買ったのです。音は結構良いし、多少離れたところでも聞こえるので、それで決めて買いました。
自分が買ったこの機種は5万円弱でしたが、アツデンの310BT UHF B型 ワイヤレスマイクロホンシステムは4万5千円くらい、SONYのワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11は6万円くらい、業務用のものになると50万円以上したりします。業務用のものは質がいいのでそれなりの価格はします。逆に安すぎる機種は質が悪いものが多いと思われるので、そちらには手を出さない方がいいでしょう。

SYSTEM10パッケージ.JPG


SYSTEM10の箱の中に入っているものは全部で10種類ありました。受信機(レシーバー)、送信機(トランスミッター)、アンテナ2本、レシーバーホルダー、ACアダプター、変換プラグ、USBケーブル、オーディオケーブル、キヤノンケーブル(?)、ピンマイクです。付属の風防は両面テープで見栄えも悪いので、このピンマイクに合うものを別途購入しました。

SYSTEM10中身全部.JPG


ビデオカメラやデジタル一眼レフカメラなどでの録音(録画)はもちろん、スピーカーやアンプにつないで拡声器としても使えます。

ピンマイクとビデオカメラ.JPG
SYSTEM10をビデオカメラに接続したところ


ゴルフの番組でティーチングプロや番組の出演者たちがピンマイクを装着しているのを見たことがあるかと思いますが、スイングや身振り、両手の使用などが多いので、有線のマイクやハンドマイクでは絶対できません。有線だと体やクラブなどに絡んだりつまづいたりなどして危険です。ハンドマイクでは片手が使えなくなるので、まともなスイングやレッスンなどができません。なので、ワイヤレスピンマイクが必要なのです。

テレビ番組の出演者たちもワイヤレスピンマイクを装着しています。場面によってはハンドマイクを使うところもありますが、手で何かのサインをしたり両手で物を持ったり身振りの動作があるなど、ハンドマイクではできない番組がよくあるので、やはりピンマイクが必要です。

セミナー講師の方々がピンマイクを使って話しているところもありますが、何十人も集まるセミナーをやるとき、生の声では届かないし何かの時に両手を使うことが出てくるので、やはりピンマイクが必須です。カメラでの収録もするそうですが、何十人もの方々に講師の声を届けるために拡声器として使うことが多いようです。

SYSTEM10スピーカー接続.JPG
スピーカーやアンプにつないで拡声器としても使える


動画を貼りつけましたので、ご覧ください。



audio-technica オーディオテクニカ ラベリアマイクロホンカメラマウントシステム ATW-1701/L

新品価格
¥45,360から
(2018/1/23 19:28時点)



ソニー ワイヤレスマイクロホンパッケージ UWP-D11

新品価格
¥60,280から
(2018/1/28 07:09時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | 日記

2017年12月20日

ひろピーのブログ開設

皆さん、こんにちは。ひろピーです。本日より、ひろピーのブログを開設します。

投稿予定の記事の内容は、これまでに自分がやってきたこと、今自分がやっていること、これからやりたいこと、今後の目標などです。

これまでに自分がやってきたことは、A列車で行こう9というゲームの動画を制作したことです。最初はただ単に前面展望だけの動画でしたが、その次は手間暇かけてまともな動画を制作しました。3年近く前にもなりますが、こちらは後日、順次掲載します。

A-Train9タイトル.jpg


今自分がやっていることは、ゴルフや動画の制作です。
ゴルフは10年ほど前からやっているのですが、2年ほどは練習だけで、初ラウンドは2010年でした。スコアが初めて100を切れたのは、およそ3年後でした。そこからしばらく100を行ったり来たりしていたのですが、最近になり90も切れるようになりました。今はホームコースを持ってラウンドして腕を磨いています。練習場も近くにありゴルフをやる環境に恵まれています。
一方、動画の制作は、ゴルフ関係のものや自分が思いついたネタなどをやっています。ワイヤレスピンマイクを使ってプロの動画さながらに自分一人で制作します。それに使うビデオカメラも買いました。ゴルフの練習風景の動画もアップするつもりです。動画が完成次第、YouTubeに順次アップしていきますので、お楽しみに。

ピンマイクとビデオカメラ.JPG


自分がこれからやりたいことは、YouTubeに動画を多くアップすることです。いいネタが思いつけば、何でもやります。1つの動画で10分以上になるようにしていきます。せっかくワイヤレスピンマイクやビデオカメラを買ったのに、うまく使わないともったいないですね。
あと、ゴルフで自分のラウンドのスコアをブログで公開することです。スコアが良くても悪くても投稿します。できればラウンドの内容や感想なども書きたいところです。

練習場打席後方.JPG


今後の目標は、高機能の機材や動画編集ソフトなどを追加して制作する動画のバージョンをアップする、ゴルフの新作クラブなどを買う、ゴルフの腕前をさらに上げる(平均80台前半が目標)などです。
高機能の機材といえば、デジタル一眼レフカメラとかもっと高価なビデオカメラなど、高機能の動画編集ソフトといえば、Adobe Premiereなどの有料のソフトとか新ゴシックなどプロが使っている有料のフォントなどです。
ゴルフの新作クラブといえば、今使っているクラブより新しいものやシャフトなどです。(テーラーメイドやキャロウェイなどからもうすぐ新作クラブが出ます。)
今のゴルフの腕前は平均90前後です。これをまず85前後まで縮められるようにして、それから80台が当たり前のように出るようにしたいです。

頑張って多くブログを書いていきますので、応援よろしくお願いします。

ひろピー


★ゴルフショッピングのサイト★

新品・中古の在庫数55万本!ゴルフパートナーオンラインショップ


《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | 日記