2018年03月08日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第21回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第21回を紹介します。

街の発展において、鉄道だけではなくバスやトラックも必要です。バスは、乗客が鉄道より少ない地域、乗客は多いが鉄道路線を引く余地がない場合などに走らせます。トラックは、資材の需要が小さい地域、貨物列車で資材を降ろせない駅などに持ってくる場合に走らせます。
バスの停車できる施設はバス停やバスターミナル、トラックで資材が積み降ろしができる施設は配送所と配送センターです。それぞれの施設が必要となります。
バス路線といえば、一般的な路線の乗り合いバスとか一本で遠い目的地まで行ける高速バスとかゴルフ場や墓地などの施設に向かうための送迎バスなどがあります。鉄道路線では乗客が少ないので、道路を使ったバス路線の方が効率がいいです。

バス停.jpg
バス停


トラックといえば、資材を運んだり宅配便を運んだり大きな荷物を運んだりするものです。「A列車で行こう9」では資材を運びますが、一度に運べる資材は2個までです。資材の消費が少なめで道路で効率よく資材を運びたいならトラックの方がいいです。

配送所.jpg
配送所


コミュニティーバスはゴルフ場や墓地などの施設に向かうための送迎バスまたは乗客が少ないバス路線、ノンステップバスは乗客の多いバス路線、中長距離用ハイデッカーバスは高速バスや貸切バスなどに使われています。

コミュニティーバス.jpg
コミュニティーバス


ノンステップバス.jpg
ノンステップバス


ハイデッカーバス.jpg
ハイデッカーバス


コンテナ用トラックは資材1個積載できる小型のトラックです。ボンネット型トレーラーは資材を2個積載できる近距離型のトラックです。中長距離用トレーラーは資材を2個積載できる中長距離型のトラックです。
道路を走るバスとトラックは、鉄道では届かない地域へ街を発展させる手段です。これらをうまく使って効率のよい輸送をすることです。

コンテナ用トラック.jpg
コンテナ用トラック


ボンネット型トレーラー.jpg
ボンネット型トレーラー


中長距離用トレーラー.jpg
中長距離用トレーラー


開発完了後の列車の前面展望の3つめ(第21回)は立浜線と若崎線を紹介します。

立浜線の前面展望はE653系の特急列車です。立浜から太刀川までです。こちらも快速列車と普通列車も一緒に走っています。船戸線くらいの距離の路線です。特急列車の早さは普通列車の早さと比べても結構違います。途中駅を早々と通過していきます。

第21回前面展望1.jpg


若崎線の前面展望は西武鉄道の30000系の快速列車です。太刀川から小田空港までです。若崎線は特急列車の運行がありませんので、快速列車で前面展望を映しています。停車駅はありますが、もちろん普通列車よりは早いです。普通列車の待避設備は若崎駅のみです。特急列車まで走らせると待避設備を増やさないといけないですからね。

第21回前面展望2.jpg


特急列車が普通列車を追い越していく姿は、実際の鉄道にも多くあります。特急列車は走らせる優先順位が上ですので、少しでも早くなければ特急の意味がありません。あと快速列車の優先順位は路線にもよりますが特急列車の次です。たいていは少しでも早く目的地に着くようになっいます。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。