2018年02月25日

ひろピーが考えたゴルフに関する格言 その2

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
「プレーは、結果によって考えず原因で考えるのが上達の秘訣である。」とか「3打でのせて1パットでも、パーはパー」など、いろんな名言があります。
ここでは、自分が考えたゴルフに関する格言のその2を紹介します。


スコアの良し悪しはティーショットから
1ホールのスコアはティーショットから始まりカップインで終わります。
ティーショットを打ってナイスショットが出ると次のショットやパットにつながりますが、OBや池ポチャ、林の中に入れたり崖下に落としたりなどすると大叩きしやすくなります。状況次第ではグリーンが狙えなかったりリカバリーが難しくなります。ドライバーショットやフェアウェイウッドのミスばかりでは話しになりません。
なので、ティーショットはショートゲーム並みに重要だと思います。
もちろんセカンドショット以降も大きなミスをしてはスコアが悪くなってしまいますが、ナイスショットが多くなれば好スコアにつながりやすくなります。

吉井南陽台ゴルフコース3.JPG


自分に合うクラブは良いスイングも作る
以前にもゴルフで自分に合うクラブの選び方で紹介しましたが、初心者から上級者、プロを問わず、自分に合ったクラブを選んで練習やラウンドをすることは大事なことです。これは良いスイングも作ります。
逆に自分に合わないクラブはミスショットばかりとなる他、悪いスイングの癖をつけてしまうことになりかねません。
合わないクラブとしていけない例は、軽すぎるクラブを使うと時間が経つにつれて手打ちになりやすく、また体の老化を早めてスイングを壊す原因になります。あと、ヘッドスピードに対して硬すぎるシャフトを使うと力みやすくなり、またシャフトがしならずに球が飛ばないなんてことです。特にヘッドスピードが遅めのゴルファーは注意が必要です。
レベルを問わず、その人にマッチするクラブを使うことがゴルフを楽しくします。

917D2ドライバー-2.JPG


ミスショットも経験のうち
ゴルフでは必ずといってもいいほどミスがつきものです。「なぜスライスしたのか」や「なぜトップしたのか」など、ミスといっても種類は多いです。
主なミスと言えば、スライス、フック、トップ、ダフリ、大ショート、大オーバーなどです。
例えば、トップが出たらクラブヘッドが地面に届いていないので、手元や腰などが浮いている可能性が高いです。ダフリが出たら右肩が下がっている可能性が高いです。こういうのがあったらどうすれば出ないかを考えることです。
練習やラウンドでナイスショットやミスショットといったいろんな経験をすることで、次はこうしようと前向きになってスコアのアベレージが上がるようになります。

昭和の森ゴルフコース2.JPG


練習よりラウンドでの経験
ゴルフは練習場での練習もそうですが、コースでラウンドすることによって、練習場ではできないことがいろいろあります。
主なシチュエーションは、傾斜からのショット、フェアウェイバンカーからのショット、さまざまなトラブルショットなどです。練習場ではできないことに不安があるならコースレッスンを受けてみて、同じシチュエーションから何度でも打つことをするといいでしょう。
練習場ではできないことをラウンドをしてみてどう打てばいいのか分かってくればいい経験ができるので、うまく対処すれば叩かなくなります。

山田ゴルフ倶楽部.JPG


「失敗は成功の元」ということわざがあるように、ラウンドでのミスは次にナイスに変えるための要素です。ミスしても前向きにプレーすることがベストにつながりやすくなります。ナイスプレーとなればゴルフは楽しくなります。
格言その3もお楽しみに。

カップイン3.JPG


★ゴルフ上達レッスンサイト★

【ゴルフテック】


【ライザップゴルフ】
posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | ゴルフのネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。