2018年04月01日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第24回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第24回を紹介します。

「A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発」の動画紹介も残り2回となりました。全25回作るのに苦労は多かったです。街の設計、線路や道路の敷設、駅の設置、資材工場や資材置き場の設置、配送所の設置、列車の選定、街の発展、ダイヤ作成やダイヤ設定などといった作業だけでもかなり時間がかかりました。さらには動画の作成にシーンの選択や字幕の挿入、ナレーターなどを入れるのにも大変な苦労をしました。
こんなに苦労はしましたが、いい動画が作れたと思います。路線の建設や延伸のところ、プロジェクトの建設のところ、路線図や停車駅に時刻表のところ、開発した後の前面展望などといった動画をうまくできました。
「A列車で行こう9 Ver4.0」では、速度制限も設けることができたのですが、速度を遅くしてしまうと列車のダイヤにも影響が出るので、この動画ではやらないことになりました。ポイントやカーブなどに設置して本物の鉄道みたいにやりたかったです。信号機や標識についてはダイヤへの影響はないので、本物らしく設置しました。地下やトンネルに設置できないのが残念ではありますが、なるべく鉄道の風景にこだわってやりました。
カスタム車両では、速度を変えたりパンタグラフを付けたりなど施しました。速い速度にしないとダイヤに影響する路線もあるので、変な車両とかにならない範囲でカスタマイズしました。やはり電車には外観にこだわりパンタグラフを付けて運行するといいです。


開発完了後の列車の前面展望の6つめ(第24回)は皆川線と四鷹線を紹介します。
皆川線の前面展望はキハE130形の列車です。九王子から皆川までです。非電化路線は地方部のローカル線に多い路線です。架線や架線柱、変電所などの設備が不要でコストが安いです。乗客の少ない路線で使われています。ワンマン運転のところが多いです。
四鷹線の前面展望はキハ110系200番代の列車です。武差野から国文寺までです。ローカル線なら田舎駅も似合います。非電化路線なら架線柱を付ける必要はないので、線路だけのすっきりした姿になります。信号機や標識はちゃんと設置してあります。
非電化路線は、普通列車の他に特急や快速が走っているところもあります。優等列車を走らせるにはすれ違い可能な駅を多く設ける必要が出てきます。「A列車で行こう9」では本物ほどの長い路線はなかなか作れないですが、ほどほどの長めの路線なら作れそうです。単線だと列車の本数は増やせないですが、すれ違い可能な駅を多くすればダイヤは意外と作成しやすいと思います。

動画を貼りつけましたので、ご覧ください。(画像は後日掲載)


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9