2018年03月07日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第20回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第20回を紹介します。

鉄道における列車選びはいろいろとあります。普通列車だけ走らせるのか、快速列車も走らせるのか、さらには特急列車までも走らせるのか、鉄道路線によってさまざまです。
普通列車だけの電化路線なら、旧型はJR東日本の201系などがありますし、新型は同E233系などがあります。非電化路線なら、旧型は同キハ40系などがありますし、新型は同キハE130系などがあります。乗客の需要や鉄道路線の風景に合わせて車両を選ぶといいです。

JR東日本新旧車両.jpg


JR東日本新旧車両2.jpg


乗客の多い路線なら編成を長くして定員の多い車両を選ぶといいです。例えば209系やE231系など。逆に乗客の少ない路線なら編成を短くして定員の少ない車両を選ぶといいです。例えば115系やキハ38形など。
JR6社、西武鉄道、東武鉄道、東京メトロ、京成電鉄、小田急電鉄など、収録されている鉄道会社は多いですが、自分が違和感のないイメージで車両選びをするといいでしょう。JR東日本と東京メトロの直通運転もありますし近鉄と阪神電鉄の直通運転も実際にあります。

西武&東武車両.jpg


列車の速度も大事です。普通列車同士で同じ線路上では速度を合わせることです。普通列車なら80km/hで合わせるとか。同様に快速列車は100km/h、特急列車は120km/hのように、列車の種別で変化をさせるとよいです。
「A列車で行こう Ver4.0」ではカスタム車両で速度を選択することができます。車両にこだわって直通運転させたい時や自分の気に入った車両を速い速度にして運行させるなど、便利なところです。
資材を運ぶ時に必要な貨物列車も街の発展には必要ですが、貨物列車の鉄道会社はJRとアートディンクだけなので、特にこだわる必要はないかと思います。中でもMc250系は旅客列車の線路上で走らせる時に使うといいです。貨物列車は長編成の方が時間もコストもお得です。

JR貨物車両2.jpg


開発完了後の列車の前面展望の2つめ(第20回)は船戸線と寝馬線を紹介します。

船戸線の前面展望は251系の特急列車です。船戸から立浜までです。第2回で船戸から小田空港まで空港へのアクセス路線として建設し、その後に立浜まで延伸した路線です。小田空港は上に空港があるため地下駅です。特急は途中、小田空港しか停車しないですが、船戸や立浜からは利便性がいいです。

第20回前面展望1.jpg


寝馬線の前面展望はE653系の特急列車です。寝馬から立浜までです。途中、九王子と若崎に停車し、古宿線のように距離がある路線ですが、古宿線とは風景が全く違います。普通列車や快速列車も見せたかったですけれどね。
2路線とも特急列車の前面展望でしたが、早々と行きますね。20km四方とかマップが広ければさらなる長大路線も作れるが、パソコンの性能上の問題とかあって10km四方にとどまったと考えられます。

第20回前面展望2.jpg


動画を貼りつけましたので、ご覧ください。


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9