2018年02月26日

ひろピーが考えたゴルフに関する格言 その3

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
「過ぎた失敗は忘れ、目の前のショットに専念し次のチャンスに賭ける」とか「ベストをつくして打て。その結果がよければよし、悪ければ忘れよ。」など、意味が分からなくてもゴルフには数多くの名言があります。
ここでは、自分が考えたゴルフに関する格言のその3を紹介します。一応これで最後です。

ギリギリの状況はできれば狙うな
木のスレスレを通すとか池の近くのピンを狙うとか、アプローチでカラーに落としてピンそばを狙うなど、アマチュアにとっては難しいシチュエーションがいくつかあります。
こういうゴルファーがプロのような真似をすると大叩きになることがあります。
例えば、木のスレスレ狙いは木に当ててしまうとどこに弾かれるか分かりません。OBや池ポチャなんてこともよくあります。広くて次に狙いやすいところに刻むのが最善です。
池の近くのピン狙いはリスクもあるので、よほどの自信がない限りは広いところを狙うのがいいです。
アプローチでカラーに落としてのピンそば狙いは少しでもショートするとグリーンから落ちてしまいます。無理があればグリーンの上から打てるところに持っていくといいでしょう。
このように無理がなく最も確実に叩かない方法を考えてピンチを乗り越えられるようになると好スコアにつながります。

勝沼ゴルフコース.JPG


アマチュアのパーはバーディーと思え
平均スコア90台のアマチュアゴルファーの場合、本当のバーディーを取ることはプロより難しいです。
そこで、パーが取れたらバーディーと思えばやる気が出てきます。ボギーならパーだと思い、バーディーを取ったらイーグルと思ってやると心理的に楽です。
初心者や平均100以上のゴルファーの場合も同様に当てはまります。上級者だとパーはその通りにパーだと思ってきます。
プロや上級者のようにパーやバーディーを多く取ることは初心者や平均100以上のゴルファーにとって難しいですが、「パーはバーディー」というように1打のハンデの気持ちでラウンドするといいペースで回れたりします。

ピンフラッグ.JPG


ロングパットは入れに行くな
ロングパットになると1パットで入れるのは元々かなり難しいです。グリーン上でカップまでの距離が長かったら、ファーストパットはカップの近くに寄せることです。
ロングパットを1パットで入れにいくと大オーバーしてセカンドパットの距離が残り、結果3パットを招きやすいからです。カップに届かない大ショートも同じです。なので、入れに行かない気持ちで打つと楽になります。
最低1.5m、できれば1m前後に寄せればショートパットで勝負できます。
ロングパットがうまく寄らないと3パットしやすくなるので、練習グリーンでのパッティング練習は絶対に欠かさないように。

パター練習2.JPG


パーの無いラウンドに100切り無し
100切りと言えば、スコア99以内で上がることです。パー72のコースならボギー9つとダブルボギー9つで99になります。
理論上はそうなるのですが、スコアのアドバンテージがないため、このような腕前ではどこかでトリプルボギーを叩いたり10以上を叩いたりしやすくなってなかなか100を切れません。100を切りやすくするにはパーを取ることが必要なのです。パーが取れても大叩きを連発してはいけませんけれどね。
自分は90台を出しているラウンドは、必ずどこかでパーを取っています。パーが取れるようになってくればそのうち80台も出せてゴルフが楽しくなります。

広陵カントリークラブ.JPG


プロなら状況によっては少ない打数で狙わないといけないですが、アマチュアゴルファーにとって無理は禁物です。木のスレスレを通す場合、グリーンとか直接狙うより安全に次が打ちやすいところに刻めば大叩きはしにくいです。状況に応じていろいろ考えることです。
以上、12の格言の紹介でした。

カップイン3.JPG


★ゴルフ上達レッスンサイト★

【ゴルフテック】


【ライザップゴルフ】
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | ゴルフのネタ