2018年02月19日

ゴルフ カスタムクラブのススメ

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
今回は、ゴルフで使うカスタムクラブについて述べていきます。

カスタムクラブと言えば、自分にとって既製品のクラブでは合わない、または既製品よりも飛距離が出るといった理由で自分に合うオリジナルのクラブを作ってもらうものです。
キャロウェイ、タイトリスト、ダンロップ、テーラーメイド、ブリヂストン、プロギア、ピン、ミズノ、ヤマハなど、ほとんどのメーカーはカスタムクラブを受け付けてくれます。
パーツの在庫状況にもよりますが、納期は2週間から1ヶ月が目安です。人気モデルだったりシャフトが特注だとさらに時間がかかる場合があります。

テーラーメイド試打ドライバー.JPG


例えば「気に入ったドライバーだけれどカスタムシャフトの50g台がない」とか「既製品のシャフトでは重すぎる、硬すぎる」でシャフトが50g台の柔らかいものなどを差したい場合は、カスタムクラブでの受け付けです。
自分に合うものを使うことでポテンシャルが上がり、飛距離が出る、真っ直ぐ行く、理想の弾道になるなど、既製品を超えるものになります。

ATTAS COOOL 5Sロゴ.JPG


カスタムクラブでできるところは、クラブヘッドのモデル、シャフトの種類やフレックス、シャフトの長さ、グリップの種類、グリップの下巻き数などです。例えばシャフトを軽いものにしたり柔らかいものにしたり、46インチで組んだりグリップを重くしたりなど、既製品にはないスペックに変えられます。既製品で試打して、軽すぎると思ったらシャフトを重めに、硬すぎると思ったら柔らかめにするといいでしょう。

ブリヂストン試打クラブ.JPG


最近ではクラブフィッティングという各ゴルファーのスイングにぴったり合うスペックに仕上げてくれるところもあります。タイトリスト、ダンロップ、ピン、ミズノ、ヤマハなどのメーカーでしたらフィッティングできる店舗に行けばやってくれます。どれも有料で予約制です。
内容としては、ゴルファーのヘッドスピード、スイングテンポ、トゥダウン、前反り角、しなり係数、インパクトライ角、シャフトリーン角、アタック角、フェーストゥパス角などを測定し、最適なスペックに仕上げるというものです。初心者でも問題ないそうですが、アイアンの打ち方のレッスンなどをあらかじめ受けておいてからフィッティングしてもらうといいでしょう。

キャロウェイ試打クラブ.JPG


カスタムクラブは生産終了(マークダウン)したモデルでは当然受け付けてもらえません。マークダウンしたモデルを買ってからリシャフトとかしなければならないので、これではシャフトを変える分費用がかさんでしまいます。そう考えると新作のモデルでカスタムした方が早く使える分だけお得です。

カスタムクラブと言えばドライバーがメインになるかと思いますが、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンもやってもらった方がナイスショットの確率は高くなるし自分のスイングにも好都合になります。

プロゴルファーの使用するクラブは、アマチュアよりもスペックにうるさいです。プロの試合は1打1打が勝負に影響するので、重量、バランス、長さ、グリップなど、希望のスペックを精密に作ります。プロゴルファーはゴルフが専門ですから、ある程度精密なものでないとプロといえどもなかなかうまくいかないです。だからいろいろと試すのですね。

フジクラ試打ヘッド.JPG


クラブ選びはカスタムやフィッティングの時代が来たと言っても過言ではありません。初心者から上級者まで、自分に合うものを作ればスコアアップにつながります。

★ゴルフショッピングのサイト★

新品・中古の在庫数55万本!ゴルフパートナーオンラインショップ


《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | ゴルフのネタ