2018年02月16日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第16回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第16回を紹介します。

「A列車で行こう9 Version4.0」では、カスタムでいろんな車両を作成することができます。列車にパンタグラフを付けたり、標準では4両編成しかできない車両を8両編成とかにしたり、あと100kmしか出ない特急列車を130kmとかに上げるなど、いろいろといじることができます。
車両の仕様上できることではないですが、蒸気機関車や路面電車をリニア並みの360kmに上げたり、681系2000番代や新幹線を50kmに下げたりすることもできてしまいます。こんな車両を走らせるのはおかしいですけれどね。

新幹線50km.jpg


列車の速度を速くしないとダイヤが成立しないなんてこともよくあるでしょう。旧型車両は元々遅いので、過密に近いダイヤを作成するとなると遅いままではうまくいかないことが多くなります。特に長大路線では速さもダイヤを作成するための重要な要素ですので、必要に応じて速度を上げた車両をカスタム作成するといいでしょう。
名古屋市営地下鉄の7000形の車両は標準では4両編成しか運行できないのですが、街が発展して乗客の需要が増えてきたら気に入った車両で増結したいなんてこともあるでしょう。こういう時にカスタムで8両編成とかにすることもできます。
逆に小田急電鉄の4000形の車両を使いたいのに標準の10両編成では乗客の需要に対して長すぎる場合、5両編成とかに短くすることもできます。
このように、列車の速度を上げて高速鉄道を作ったり、お気に入りの車両で列車を長くしたり短くしたり、車種の異なる車両を組み合わせてつなげたり、あとパンタグラフを付けたりなど、カスタム車両でできることはいろいろあります。

4000形5両.jpg


今回の開発で、鉄道路線の建設は最後となります。非電化路線を2路線と地下鉄を1路線建設します。
1つめは近崎線で、立浜から大田原まで江美名経由で線路をつなげます。
2つめは熱川線で、熱川から大田原まで線路をつなげます。
3つめは地下鉄薄木線で、薄木から平月まで地下鉄を通します。
駅は以下の通りです。

近崎線:立浜、由河原、立須賀、江美名、美鳥、近崎、岩井、鷹津、大田原
熱川線:熱川、大原、二浦、宮後、東大田原、大田原
地下鉄薄木線:薄木、朝尾、近崎、都留見、中川、平月

元となった駅名

由河原:湯河原
立須賀:横須賀
美鳥:緑
岩井:幸
鷹津:高津
大原:中原
宮後:宮前
朝尾:麻生
都留見:鶴見
中川:神奈川

もうどこの地名だかバレバレですね。

第16回路線図.jpg


近崎線の列車交換が可能な駅は、由河原、江美名、近崎、鷹津です。
熱川線の列車交換が可能な駅は、二浦と宮後です。

鉄道路線を建設するにあたって、線路を設計したり信号や標識の設置をしたりダイヤを組んだりなど、やることが多くて大変でした。鉄道路線は、全部で14路線できました。

近崎線の車両はキハ150形、熱川線の車両はキハ120形(関西本線塗装)、地下鉄薄木線の車両は東京メトロの10000系をそれぞれ使用します。

第16回鉄道車両.jpg


最初に地下鉄薄木線の前面展望からです。地下鉄は外の景色が見えないので、前面展望が退屈です。
次に近崎線の前面展望です。非電化路線なので、架線柱はありません。ローカル線は本来なら田舎の風景ですが、周辺が発展して田舎らしさはありません。
最後に熱川線の前面展望です。こちらも非電化路線で架線柱はありません。短めのローカル線ではありますが、最後に近崎線と平行して大田原に着きます。

第16回前面展望.jpg


動画を貼りつけましたので、ご覧ください。


A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | A列車で行こう9