2018年02月05日

ゴルフ パターの選び方

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
今回は、ゴルフで使うパターの選び方について述べていきます。

パターと言えば、パッティンググリーンでカップインを目指していく転がし専用のクラブ。あとカラーやグリーンに近い薄芝など外からカップに寄せにいくために使ったりもします。

GHOSTパター.JPG


パターには、様々な種類があります。

一つめはピンタイプ。パターの代表的な形でヘッドの奥行きが短くて細長く、前後に重量があって打点のミスに強いと言われています。プロがよく使うタイプです。
ピンタイプの主なモデルは、ピンのシグマ G アンサー、ピンのヴォルト2.0、オデッセイのオーワークス #1、オデッセイのSTROKE LAB #1、スコッティキャメロンのセレクト ニューポート2などです。
ピンタイプが合うゴルファーは、距離感が出ない人、パターが苦手な人などです。

二つめはL字タイプ。アイアンのようにネックがヘッドのヒールについていて操作性に特化しているものです。最近は奥行きがあるヘッドが主流です。
L字タイプの主なモデルは、ピンのシグマ G テス、ピンのシグマ G シェイH、オデッセイのストロークラボ アイ #9、オデッセイのオーワークス #9、スコッティキャメロンのセレクト ニューポート3などです。
L字タイプが合うゴルファーは、アーク型ストローク式の人、パットも自分で操作したい人、アプローチが好きな人などです。

GHOSTマレットパター.JPG


三つめはマレットタイプ。D字形をしているもので、まっすぐ打ち出しやすいことやヘッドの重さで距離を出すことができます。ストロークした際のブレが発生しにくいこともマレットタイプの特長です。
マレットタイプの主なモデルは、ピンのシグマ G パイパー3、オデッセイのオーワークス #3T、オデッセイのストロークラボアイ #5、スコッティキャメロンのセレクト マレット1、テーラーメイドのTP コレクションなどです。
マレットタイプが合うゴルファーは、ストレート型ストローク式の人、ロングパットのミスはショートが多い人などです。

四つめはネオマレットタイプ。マレットタイプよりもヘッドがひとまわり大きくて、まっすぐ打ち出しやすいことやヘッドの重さで距離を出すことができます。形状がスクエアに近いので、方向性が出しやすいです。
ネオマレットタイプの主なモデルは、ピンのシグマ G ウルバリンT、オデッセイのオーワークス #7、オデッセイのストロークラボアイ #7、スコッティキャメロンのフューチュラシリーズ 6M、テーラーメイドのスパイダーなどです。
ネオマレットタイプが合うゴルファーは、ストレート型ストローク式の人、ロングパットのミスはショートが多い人などです。


以上の4種類の形のパターを述べていきましたが、自分にはどういうパターが合うのか、ゴルフショップなどで実際に試しに打ってみるとわかるでしょう。見た目、構えやすさ、振りやすさ、ボールの転がり、方向性などをチェックするようにして選ぶといいでしょう。
シャフトの長さは、33〜35インチが主流です。自分にとって自然に振りやすくちょうどいい長さを選ぶようにしましょう。
あと、パターのグリップはメーカーオリジナルの細めのものやスーパーストロークのように太めのものなどいろいろあります。グリップによって重量やバランスも変わってきますので、実際に握ってみてストロークに違和感のないものをおすすめします。

O WORKS R-LINEパター.JPG


以上でドライバーからパターまでのクラブの選び方の紹介を終わります。

★ゴルフショッピングのサイト★

新品・中古の在庫数55万本!ゴルフパートナーオンラインショップ


《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | ゴルフのネタ