2018年02月02日

ゴルフ ユーティリティーの選び方

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
今回は、ゴルフで使うユーティリティーの選び方について述べていきます。

ユーティリティーは、別名ハイブリッドとも言います。ユーティリティーのクラブは、180ヤードとか170ヤードを易しく打てるように、ロングアイアンの代わりに登場したクラブです。

RESCUEユーティリティー.JPG


ロングアイアンの場合、シャフトの長さが短めでヘッドスピードがあまり出せず、なおかつロフトが立っているため、ヘッドスピードが遅めの人が打つと、十分な高さや初速が出なくて7番アイアンの飛距離とほとんど変わらない、なんてこともあります。
一方、ユーティリティーはロングアイアンよりもシャフトが長く、ヘッドスピードも出せてロングアイアンよりも易しく、球の高さや初速も出て4番アイアンや5番アイアン並みの飛距離を出せます。
あと、グリーンでの止まりやすさも違います。ロングアイアンはヘッドスピードが速めの人でないと、高さやスピンで止めるのが難しくてグリーンに落ちても転がり出やすくなります。一方、ユーティリティーは高さやスピンを出しやすいクラブなので、グリーンに乗っても転がりが少ないです。
ユーティリティーは、ヘッドスピードが遅めでロングアイアンが難しい人にとって恩恵を受けるでしょう。

ユーティリティーには、ウッド型とアイアン型がありますが、一般的なのはウッド型です。ウッド型の方がヘッド重量を軽くできてシャフトを長めにすることができるので、アイアン型より易しいです。

ユーティリティーのロフトは、3〜4度ピッチにするのが良いセッティングです。
主なモデルの例ですが、テーラーメイドのM2は19度、22度、25度、28度の4種類、タイトリストの818H1は19度、21度、23度、25度、27度の5種類、ピンのG400は17度、19度、22度、26度、30度の5種類がそれぞれラインナップされています。
17度は4番ウッド、19度は5番ウッド、22度は4番アイアン、25度は5番アイアン、28度は6番アイアンとそれぞれ同じようなロフトです。

アイアン型のユーティリティーの主なモデルは、フォーティーンのHI-877 BK、ダンロップのスリクソン Z U65、ピンのG400クロスオーバーなどがありますが、ヘッドスピードが速めの上級者でないとロングアイアン並みに使うのが難しいです。一般のゴルファーはアイアン型を選ぶのは避けた方がいいでしょう。

RBZユーティリティー.JPG


最近では調整機能の付いたユーティリティーもあります。タイトリストの818H1、タイトリストのVG3、テーラーメイドのM1、ヨネックスのEZONE GTなどがあります。
調整機能が付いているユーティリティーは少ないですが、自分のスイングに合わせて調整すると、フェアウェイウッド同様に最適な弾道が打てるでしょう。

シャフト選びも重要です。軽めのカーボンシャフトもあれば重めのスチールシャフトもあります。重めのスチールシャフトは主にハードヒッター向けです。ヘッドスピードが遅めの人なら打ち方にもよりますが、カーボンシャフトがおすすめでしょう。

ユーティリティーはロングアイアンの代わりに作られた革命的なクラブです。これまでロングアイアンが苦手だった人も170ヤード180ヤードが易しく打てます。長めのパー3やセカンドショット、サードショットなどで使う場面が多くなるでしょう。

818H1ユーティリティー.JPG


次回は、アイアンの選び方を述べていきます。

★ゴルフショッピングのサイト★

新品・中古の在庫数55万本!ゴルフパートナーオンラインショップ


《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | ゴルフのネタ