2018年01月30日

ゴルフ 中古クラブの選び方

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
今回は、中古のゴルフクラブの選び方について考えていきます。

中古クラブといえば、以前に誰かが使っていて、合わなかった、もっといいクラブに変えたなどの理由で下取りされて売られているクラブです。ゴルフパートナー、ゴルフドゥ、ゴルフガレージなどが有名な中古クラブの販売店です。

中古クラブは、10年くらい前のものまで売られていると推測しますが、古いものほど安く売られているのですが、もう作られていないし在庫は少ないです。
数年くらい前のモデルなら作られていなくても大概欲しいクラブは見つかるでしょう。

R11Sドライバー.JPG


ドライバーの中古クラブですが、新作の時に売られていたものがマークダウン(型落ち)すると半値前後またはそれ以下に安くなります。例えば新作の時に8万円していたものが4万円前後になるということです。マークダウンしたばかりのモデルを狙うのもありです。

次にフェアウェイウッド。古いモデルでも人によっては使いやすいものがいくつも売られています。ボールが上がりやすいモデルや易しいモデルも多いので、新作にこだわる必要はありません。新作の時に4万円していたものが2万円台で買えるとか。

ユーティリティーは、希望のスペックが見つけづらいかと思いますが、カーボンシャフトにするかスチールシャフトにするかはヘッドスピードやスイングタイプによります。カーボンシャフトの方が振りやすいけれど、軽すぎることが多くので手打ちにならないように注意。一方のスチールシャフトは硬くて重めのものが多いので、ヘッドスピードがないと飛距離が出ないので注意を。マークダウン品なら2〜3万円台で買えます。

RBZユーティリティー.JPG


アイアンセットは、ストロングロフトのモデルとかノーマルロフトのモデルとかいろいろとありますが、スペックの確認は重要です。カーボンシャフトとスチールシャフトの両方があるので、気持ち重めがいいかもしれません。マークダウン品なら4〜5万円台で買えます。

ウェッジは、ロフトが48度〜60度のモデルが多いです。100ヤード以内を狙うわけですから、中古モデルでも自分にとって打ちやすいものであれば問題ありません。クラブ状態や発売年にもよりますが、安いものなら1万円前後で買えます。

最後にパター。一昔前でも意外に使えるものはあります。中にはグリップが変えられているパターもあります。長さが限定されているモデルもあるので、打ちやすいとかきちんと確認してから買うように。1万円台のパターもあれば4万円台のパターもあります。

ATVウェッジ.JPG


まだスイングが固まっていない初心者なら新作クラブよりも中古クラブの方が安くてぴったりのものが見つかるはずです。もちろん全然合わないスペックではいけないですが。
新作モデルにするべきか、中古モデルにするべきかはあなた次第です。ドライバーからパターまで皆さんが使っていたクラブが豊富に売られているので、よく検討してください。

★ゴルフショッピングのサイト★

新品・中古の在庫数55万本!ゴルフパートナーオンラインショップ


《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | ゴルフのネタ