2018年01月19日

ゴルフ 30ラウンドを終えての感想

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
ここまでゴルフで30ラウンドが終わりましたが、いろんな感想を述べていきます。

初ラウンドは144でした。初心者ですからたたくのは当たり前のことですからね。皆さんの初ラウンドはいくつでしたか?いきなり100切ったら上手な人だと思います。
昭和の森ゴルフコースや勝沼ゴルフコースでのラウンドが多かったのですが、同じコースでプレーするわけですから、コースマネジメントも重要です。自分の腕前や調子というのもありますが、「こう攻める」とか「あそこには行かせてはいけない」ができればいいスコアになってくるかと思います。

昭和の森ゴルフコース3.JPG


初ラウンドから後は110から125くらいで回っていたのですが、約2年半後にセブンハンドレッドクラブで100を出して、次の勝沼ゴルフコースで念願の100切り「93」を出しました。初めて100切りをやると、うれしいという実感が湧いてきます。

皆さんは、初ラウンドから100切りまでどのぐらいかかりましたでしょうか?特に女性の場合は長い期間が必要かと思いますが、きちんとレッスンを受けていれば、そのうち100を切れるかと思います。女性の一般のアマチュアで70台を出している人もわずかではありますがいますよ。

勝沼ゴルフコース2.JPG


この頃は、自分にとってパッティングに課題がありました。40パット以上のラウンドも珍しくなかったです。
スコアメイクのカギは、3パット(それ以上)を少なくする、あわよくば撲滅することです。
ロングパットのミス、ショートパットのミス、ラインの読み違い、悪い打ち方など、原因はいろいろありますが、初心者で最も多いのはロングパットのミスかと思います。
長い距離を寄せるとなると強く打ちたくなるし転がり方もラインも予測できません。そうすると2パット目が3mとか5mになったりします。これでは3パットを打つ確率が高いですね。2パット目を1.5m以内から打てるのが2パットで収まる確率が高いです。

パター練習の寄せ.JPG


次にショートパットのミスは、転がりの悪い打ち方がほとんどだと思います。「弱くてカップの手前で切れた」とか「強すぎてカップに蹴られた」という経験はゴルフをやっている人なら誰しもありますが、大抵はストロークの緩みとかパンチが入るとかが考えられます。インパクトで押すようにストロークすると緩みもパンチも出ないです。
ラインの読み違いは、「フックのはずがスライスした」とか「下りのラインだと思ったのに速くなかった」などです。グリーンには傾斜がありますが、それを読み違えるだけでも2パット目が難しくなるので、きちんと確認するように。他人の打ったラインが参考になる場合は、それも頭に入れるといいでしょう。
このように、3パットの撲滅していくことがスコアメイクの近道かと思います。自分もパターを得意なクラブにすれば早く上達しそうです。

カップイン.JPG


30ラウンドはいろんなコースでやりましたが、100切りの後には90切りという目標も出てきます。90を切るにはどうすればうまくいくのかが試されるところです。
バーディーを取っても2桁たたいても、ゴルフはやめられません。ボールを飛ばしたりカップに入れたりするのが楽しいですからね。
31ラウンド目以降もお楽しみに。

★ゴルフ上達レッスンサイト★

【ゴルフテック】


【ライザップゴルフ】
posted by ひろピー at 19:00| Comment(0) | ゴルフのスコア