2018年01月13日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第7回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第7回を紹介します。

A列車で行こう9でのダイヤの作り方について説明します。
まず、単線は1本で上下線共用の路線です。コストが安く、本数の少ない路線で使用されます。列車がすれ違うには、列車交換できる駅や信号場などが必要です。単線で特急列車をスムーズに運行させるには、列車交換できる駅や信号場などを多くしておく必要があります。

単線.jpg


複線は、進行方向が固定されていて、本数の多い路線で採用されています。一部を除いて列車のすれ違いはどこでもできます。快速や特急の追い越しには、待避可能な駅が必要となります。

複線.jpg


ダイヤの作り方は、路線を作ったら列車の所要時間を計測してメモ帳などに書いておく。
次に列車の所要時間に基づいてOuDiaまたはExcel、PowerPointなどでダイヤグラムを描く。
大ざっぱに時刻を配置していって、6時から22時の間の運行なら列車が元の位置に戻るようにする。大きくずれなければ多少の前後は構わない。
次々と列車の時刻を貼っていき、ポイントなども考慮しつつ列車がぶつからないようにする。特に始発駅や交差する部分は注意する。
以上がダイヤを作るコツです。

ポイント交差.jpg


開発の方では、とうとうリニアを開通させました。これで鉄道博物館に全車両展示の準備ができたということです。リニアモーターカーはまだ実用化されていませんが、新幹線よりも速い車両です。

リニア開通.jpg


今回は2つの非電化路線を建設しました。皆川線は皆川から九王子まで以下の駅を、四鷹線は国文寺から武差野まで以下の駅を建設しました。あと、地下鉄三代田線を皆川から寝馬まで延伸します。

皆川線:皆川、国太刀、布佐、駒江、国文寺、西大和、九王子
四鷹線:国文寺、木寄、四鷹、朝府、西久留米、武差野
地下鉄三代田線:皆川、玉、南玉、北四鷹、四鷹、朝府、西稲木、稲木、西北橋、寝馬

元となった駅名

国太刀:国立
布佐:福生
駒江:狛江
国文寺:国分寺
西大和:東大和
木寄:清瀬
西久留米:東久留米
玉:多摩
稲木:稲城

どこだかもう知っているかと思います。

第7回路線図.jpg


使用車両は、皆川線はキハE130形、四鷹線はキハ110系200番代です。
皆川線の列車交換可能な駅は、布佐と国文寺、四鷹線の列車交換可能な駅は、四鷹と朝府です。

第7回鉄道車両.jpg


非電化路線は架線柱はありません。八高線の高麗川〜高崎とか久留里線など、列車本数の少ない区間で可能な限りコストを抑えるためです。
地下鉄は前面展望が退屈ではありますが、すでに街が発展していて地上に路線が設置できないところで採用されています。東京の都心では地下鉄大江戸線や地下鉄丸の内線など、いくつもの地下鉄が走っていますね。

第7回前面展望.jpg


動画を貼りつけましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9