2017年12月24日

A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 開発【第2回】

皆さん、こんにちは。ひろピーです。
自分が過去にプレーした A列車で行こう9 Ver4.0 湖のある街 の第2回を紹介します。

初期の「A列車で行こう9」は意外にやりにくかったです。まだ本格的なダイヤ設定も実装されていなかったし、建物の種類も少なかったです。バグもいくつかありました。
バージョンがBuild 096になると、時間軸が標準の450倍速に加え、120倍速、60倍速、30倍速が追加されました。これにより、鉄道ファン念願のリアルなダイヤで運行できるようになりました。
バージョンBuild 128では個別発車も追加されて、初期の「A列車で行こう9」としては機能はそこそこでした。
その後、建物キット、Version2.0 プロフェッショナルが登場すると、ゲームの中身も大分豊富になってきました。架線柱、1:1モード、臨時ダイヤでの運行や何種類かの建物などが追加されました。
Version3.0 プレミアムが出ると、ポイント線路、橋上駅、ターミナル駅、何種類かの建物などが追加されました。パンタグラフの実装でカスタム列車の作成もできます。
そして、Version4.0 マスターズでは、信号機や道路標識、時間軸に3倍速が追加、運転モード、あとカスタム列車で運行速度を上げ下げできるなど、ゲームの機能もさらに豊富になりました。

信号機と標識.jpg


開発の方になりますが、なんと、今回は早々に空港を建設しちゃいました。空港周辺に建物がある程度あれば大きな利益を上げてくれます。(空港の近くに高層ビルなどがあることは現実的ではないですが)
空港への交通を整備するため、船戸からアクセス路線を作りました。船戸線と名付けて、瀬田谷、永野、桧並、小田空港と駅を設けました。
あと、船戸駅前から小田空港までの高速バスも追加しました。(A列車で行こう9だと高速バスじゃなくて急行バスみたいなものですが)船01系統で、ノンストップです。

第2回路線図.jpg


第2回バス路線図.jpg


元となった駅名

船戸:港
瀬田谷:世田谷
永野:中野
桧並:杉並
小田(空港):大田

どれも東京23区の名前です。

船戸線の車両は、205系(ウグイス色)で、暫定的に普通列車での運行です。将来的には、特急や快速も運転します。

第2回鉄道車両.jpg


高速バスは高速道路を通るため、もちろん中長距離用ハイデッカーバスです。

第2回バス車両.jpg


高速道路は、高架道路や地下道路、信号機の付かない斜めの交差点で代用しています。インターチェンジは、立体交差や斜めの交差点を使用しています。ジャンクションは、単純に斜めの交差点です。
A列車で行こう9では、高速道路に車が走ってきても一般道と変わらない速度です。まあ、ここは妥協します。

第2回前面展望.jpg


船戸駅前から小田空港までの前面展望の動画の後、船戸線と古宿線の前面展望を紹介して終わりです。

動画を貼りましたので、ご覧ください。



A列車で行こう9 Version4.0 コンプリートパック「推奨版」

新品価格
¥11,466から
(2018/1/25 20:21時点)



アートディンク A列車で行こう9 JR東海パック

新品価格
¥3,112から
(2018/1/28 07:12時点)


posted by ひろピー at 09:00| Comment(0) | A列車で行こう9